【Abu Garcia(アブガルシア)】

【Abu Garcia(アブガルシア)】

【Abu Garcia(アブガルシア)】
スウェーデン王室御用達の釣り具メーカー。 1921年にスウェーデンのスヴェングスタ(Svangsta)において、ABウルファブリケン社(AB Urfabriken)として創業。 社名は創業者であるカール=アウグスト・ボルイストレム(Carl-August Borgstrom)の頭文字であるABと、時計工場を意味するUrfabrikenを合わせたものである(ABはスウェーデン語での株式会社(Aktiebolag)の略称を意味するという説もある)。 創業当初は懐中時計と電話度数計の製造会社であった。

もっと見る

1941年に同社初のベイトキャスティングリールであり、かつてのタクシーメーターと同じ名前である「Record」の販売を開始。 1952年には、現在でもアブの看板商品であり続けており、「大使」を意味するアンバサダーのシリーズ最初期モデル「No.5000」が発売された。 エンブレムは「スウェーデン王室御用達」のマークであり、1951年からリールをはじめとした製品に付けられており、現在では同社のロゴと同等にシンボルマークとして認知されている。 アメリカ合衆国でリールを販売するようになり、ABウルファブリケンはいつしかABU(アブまたはエイブー)と略されるようになった。 現在ではリールだけでなく釣竿やルアー、釣用アクセサリー類の販売も行っている。
並べ替え:
新着
商品名
価格が高い
価格が低い
4
4