CAMP IN “FES”

CAMP in “FES”の醍醐味は大好きな音楽と大切な人や楽しい仲間と過ごす時間。
テントサイトを囲んでの楽しいひと時は忘れられない夏の思い出に。

CAMP IN FES

“FES”を満喫!!トレンドフェススタイル。

トレンドフェススタイル

トレンドのアロハは大人カラ―のブラック。ボトムは機能性に優れたバギーズショーツを合わせて。強い日差しを避けるためにベレーとTORTOISEカラ―のサングラスを合わせれば今年流コーデに。

CAMP IN FESTIVAL快適に過ごす装備品

  • レインウェア

    傘がNG なイベントが多いてす。完全防水の上下タイプ、お手軽なポンチョなど、持ち運びが楽てコンバクトになるものを選びましょう。

  • 応急救護セット

    イベントによっては会場内に救護ブースなどもありますが、バンドエードやテーピング、消毒液、常備薬、などは自分で用意しておきましょう。

  • ウコン

    開放的な気分になっても、飲み過ぎにはご用心。

  • トレッキングシューズ

    イベントによっては広大な会場なところもあります。防水性に優れたトレッキングシューズがオススメてす。

  • 日焼け止め、リップクリーム

    山間部でも晴れた時の日差しは強烈てす。紫外線対策の準備をしましょう。

  • お菓子

    お菓子は300円まで!の決まりはありません。遠足気分て参加するのも一考。好きなお菓子を詰め込んていきましょう。

  • サンダル

    会場内の移動が多い時にはヒールストラップがついたサポート性の高いものがベター。混み合うところではKEENのようなトゥーガードが付いているアイテムがオススメ。

  • タオル

    速乾性のタオルであれば、コンパクトで持ちやすいです。

  • 耳栓

    会場によってはお隣のテントとの距離が密接になったり。イビキがくるかワカリマセンが、夜遅くまで盛り上がっちゃう方もたまにいますので。

  • 着替え

    山間などで行われるフェスが多いので、天候が変わりやすいためパッキング可能なだけ余裕を持って準備しましょう。

  • チェア

    複数ステージがあるイベントには、持ち運びを優先にコンパクトて軽量なモノを、ーか所にずっといるなら座り心地て選んでもいいかもしれません。

  • 携帯電話、電池式充電器

    単独行動後、仲間と集合するためにも携帯・充電グッズはしっかりと準備を。

  • 虫よけ

    大自然で行われるフェスには、ブヨやマダニ、スズメバチ、等々います。やられた後に後悔する前に出来る限りの対策は取りましょう。

  • ミニバッグ・ポーチ

    レインウェア、ライト、財布、携帯など入れるミニバッグやポーチがあると便利。会場内はできるだけ身軽に。

  • ハット

    紫外線、熱射病、小雨対策等々、何かと役立つアイテムです。

  • 水分補給

    飲食ブースで手に入れることが可能ですが、ボトルがあればさらに便利。

  • 乾電池

    携帯充電器、ヘッドライト、LEDランタン等、備えあれば憂いなしでございます。

  • レインウェア

    傘がNG なイベントが多いてす。完全防水の上下タイプ、お手軽なボンチョなど、持ち運びが楽てコンバクトになるものを選びましょう。

  • 開放的な気分になっても、飲み過ぎにはご用心。

  • 山間部ても晴れた時の日差しは強烈てす。紫外線対策の準備をしましょう。

  • サンダル

    会場内の移動が多い時にはヒールストラップがついたサポート性の高いものがベター。混み合うところではKEENのようなトゥーガードが付いているアイテムがオススメ。

  • 会場によってはお隣のテントとの距離が密接になったり。イビキがくるかワカリマセンが、夜遅くまで盛り上がっちゃう方もたまにいますので。

  • チェア

    複数ステージがあるイベントには、持ち運びを優先にコンパクトて軽量なモノを、ーか所にずっといるなら座り心地て選んでもいいかもしれません。

  • 大自然で行われるフェスには、ブヨやマダニ、スズメバチ、等々います。やられた後に後悔する前に出来る限りの対策は取りましょう。

  • ハット

    紫外線、熱射病、小雨対策等々、何かと役立つアイテムです。

  • 携帯充電器、ヘッドライト、LEDランタン等、備えあれば憂いなしでございます。

  • イベントによっては会場内に救護ブースなどもありますが、バンドエイドやテーピング、消毒液、常備薬、などは自分で用意しておきましょう。

  • イベントによっては広大な会場なところもあります。防水性に優れたトレッキングシューズがオススメてす。

  • お菓子は300円まで!の決まりはありません。遠足気分て参加するのも一考。好きなお菓子を詰め込んていきましょう。

  • タオル

    速乾性のタオルであれば、コンパクトで持ちやすいです。

  • 山間などで行われるフェスが多いので、天候が変わりやすいためパッキング可能なだけ余裕を持って準備しましょう。

  • 単独行動後、仲間と集合するためにも携帯・充電グッズはしっかりと準備を。

  • ミニバッグ・ポーチ

    レインウェア、ライト、財布、携帯など入れるミニバッグやポーチがあると便利。会場内はできるだけ身軽に。

  • 水分補給

    飲食ブースで手に入れることが可能ですが、ボトルがあればさらに便利。

CAMP IN “BEACH”

ブルーのタープやカラフルなキャンプアイテムを砂浜に持ち出せば、
それだけでビーチキャンプスタイルに。
夏の陽射しを浴びて、海風に吹かれながらリラックスしたひと時を楽しんだり、
大きめのサーフボードに乗ってゆっくりとサーフィンに興じるのも
オッシュマンズ流の夏遊びスタイル。

CAMP IN BEACH

“BEACH”でゆったりと。
ビーチリラックススタイル。

ビーチリラックススタイル

夏場のビーチキャンプは機能性を重視。トップは速乾機能がありながらレトロ感のあるプリントが入ったサーフTEE。ボトムは速乾性、ストレッチ性に優れた動きやすいショーツを合わせて。足元にはつま先がしっかりガードされて安全なサンダル。

CAMP IN BEACH

夏の陽射しを浴びて。
オッシュマンズ べイジングスタイル。

オッシュマンズ べイジングスタイル

ビーチでも目を惹くピンクをベースに大きな葉柄が入ったボードショーツにサーフTEEを合わせて。サーフTEEは強い日差しから肌を守ると同時に海から上がった時の体温の低下も防ぐ便利なアイテム。ゆったりとしたシルエットはそのまま街中にも行けちゃう便利アイテムです。

BEACH CAMP快適に過ごす装備品

  • 水着

    ビーチキャンプですから、ずっと水着が正解です。常に乾いた物が着れるように1~2枚余分に用意しましょう。

  • ランタン

    夜は暗いですからね。優しい灯火が場の雰囲気を盛り上げてくれます。

  • スピーカー

    開放的な気分になっても、飲み過ぎにはご用心。スマホ対応のBluetoothタイプが最適です。周りに迷惑掛からない範囲で盛り上がりましょう。

  • 日焼け止め

    焼きたい方も焼きたくない方も準備を。日焼け後のケア用品も用意しておくと便利。

  • ヘッドライト

    両手が空くので、なにかと便利。

  • 充電池

    写メやSNSなど、意外に電池を消耗しがちです。しっかり準備していきましょう。ソーラー充電器もオススメ。

  • ラッシュガード

    日焼け止めだけでなく、羽織りものもうまく使いましょう。シャツや速乾TEEでもOK。

  • 2バーナーなど

    海辺を家のキッチンのように。キャンプの振り幅が一気に拡がります。

  • サーフボード

    波があったら乗りたいてすよね。お子さんや女性も多いなら、スポンジボードがオススメ。

  • 帽子

    HAT でもCAPでも。スタイルに合わせて強い日差しから頭を守りましょう。

  • 食器類

    使い捨ての紙でないものを選びましょう。皆でわいわい料理をシェアして盛り上がりましょう。

  • スタンドアップパドル

    水辺のキャンプては楽しみ無限大。空気を入れて膨らますインフレータブルタイプなら、保管や持ち運びにも優れています。

  • サングラス

    スタイルだけてなく目の日焼け防止にも。レンズがしっかりUVカットするものを選びましょう。

  • 朝のコーヒーセット

    想像してください、キャンプの朝のコーヒー。格別です。

  • ライフジャケット

    お子さんがいるなら是非!

  • ビーチサンダル

    ビーチアイテムの代名詞。たかがビーサン。されどビーサン。灼熱の砂地からあなたの足を守ります。

  • クーラーボックス

    飲料、飲み物、しっかり冷やしましょう。持ち運びのスペースは嵩張りますが、いくつあっても重宝します。

  • シュノーケル&マスク

    海中観察で海をさらに楽しみましょう。

  • 着替え

    夏の海辺は何かと着替えたくなります。水着やショーツての代用もアリてすが、荷物のスベースがあれば余裕をもって。

  • テーブル

    やはりあったら便利なテープル。ご飯もお酒も進みます。

  • フリスビー

    砂浜の定番。

  • テント

    これがないと姶まりません。レジャー使いなら利用人数プラス 1くらいて選んでも可。

  • 折り畳みチェア

    いろんな場所でオーシャンビューを楽しむためにも。体力温存にも効果的。

  • その他の遊び道具

    持てるだけ持っていきましょう。

  • タープ

    日よけに便利。爽やかな風が通り抜けます。雨天時にも活躍します。

  • タオル

    マイクロファイバータオルなら、砂が付きにくいという利点も。濡れていてもあまり重くならないものもGOOD。

  • 寝袋

    本当に暑い時期なら大き目のビーチタオルやタオルケットでもいいですが、朝晩冷えそうな場所には、夏用(薄手)のものを用意しましょう。

  • 防水袋

    濡らしたくないものはしっかりとカバー。濡れたものを持ち帰る際にも便利なアイテム。

  • マット

    快適な安眠への必需品。お昼寝時にも最適なアイテム。

  • 携帯の防水ケース

    防水・防塵機能が付いていない携帯をお持ちの方はマストてす。

  • 水着

    ビーチキャンプですから、ずっと水着が正解です。常に乾いた物が着れるように1~2枚余分に用意しましょう。

  • スピーカー

    開放的な気分になっても、飲み過ぎにはご用心。スマホ対応のBluetoothタイプが最適です。周りに迷惑掛からない範囲で盛り上がりましょう。

  • ヘッドライト

    両手が空くので、なにかと便利。

  • ラッシュガード

    日焼け止めだけでなく、羽織りものもうまく使いましょう。シャツや速乾TEEでもOK。

  • サーフボード

    波があったら乗りたいてすよね。お子さんや女性も多いなら、スポンジボードがオススメ。

  • 食器類

    使い捨ての紙でないものを選びましょう。皆でわいわい料理をシェアして盛り上がりましょう。

  • サングラス

    スタイルだけてなく目の日焼け防止にも。レンズがしっかりUVカットするものを選びましょう。

  • ライフジャケット

    お子さんがいるなら是非!

  • クーラーボックス

    飲料、飲み物、しっかり冷やしましょう。持ち運びのスペースは嵩張りますが、いくつあっても重宝します。

  • 着替え

    夏の海辺は何かと着替えたくなります。水着やショーツての代用もアリてすが、荷物のスベースがあれば余裕をもって。

  • フリスビー

    砂浜の定番。

  • 折り畳みチェア

    いろんな場所でオーシャンビューを楽しむためにも。体力温存にも効果的。

  • タープ

    日よけに便利。爽やかな風が通り抜けます。雨天時にも活躍します。

  • 寝袋

    本当に暑い時期なら大き目のビーチタオルやタオルケットでもいいですが、朝晩冷えそうな場所には、夏用(薄手)のものを用意しましょう。

  • マット

    快適な安眠への必需品。お昼寝時にも最適なアイテム。

  • ランタン

    夜は暗いですからね。優しい灯火が場の雰囲気を盛り上げてくれます。

  • 日焼け止め

    焼きたい方も焼きたくない方も準備を。日焼け後のケア用品も用意しておくと便利。

  • 充電池

    写メやSNSなど、意外に電池を消耗しがちです。しっかり準備していきましょう。ソーラー充電器もオススメ。

  • 2バーナーなど

    海辺を家のキッチンのように。キャンプの振り幅が一気に拡がります。

  • 帽子

    HAT でもCAPでも。スタイルに合わせて強い日差しから頭を守りましょう。

  • スタンドアップパドル

    水辺のキャンプては楽しみ無限大。空気を入れて膨らますインフレータブルタイプなら、保管や持ち運びにも優れています。

  • 朝のコーヒーセット

    想像してください、キャンプの朝のコーヒー。格別です。

  • ビーチサンダル

    ビーチアイテムの代名詞。たかがビーサン。されどビーサン。灼熱の砂地からあなたの足を守ります。

  • シュノーケル&マスク

    海中観察で海をさらに楽しみましょう。

  • テーブル

    やはりあったら便利なテープル。ご飯もお酒も進みます。

  • テント

    これがないと姶まりません。レジャー使いなら利用人数プラス 1くらいで選んても可。

  • その他の遊び道具

    持てるだけ持ってい来ましょう。

  • タオル

    マイクロファイバータオルなら、砂が付きにくいという利点も。濡れていてもあまり重くならないものもGOOD。

  • 防水袋

    濡らしたくないものはしっかりとカバー。濡れたものを持ち帰る際にも便利なアイテム。

  • 携帯の防水ケース

    防水・防塵機能が付いていない携帯をお持ちの方はマストてす。